矢沢永吉が五大洋光の名前で提供した楽曲一覧 南沙織/星正人/COOLS

矢沢永吉と言えば他のアーティストには楽曲を提供しないことで知られている。

なぜ他のアーティストに楽曲を提供しないのか?という質問に対し、

ミック・ジャガーが誰かに曲を作ったりしませんか?と返答。

出展“地球音楽ライブラリー矢沢永吉”

他人に楽曲を提供しないことは矢沢永吉の美学でもある。

もちろん天才的のメロディーメーカーの矢沢永吉の提供する楽曲を他の天才歌手が歌えば、また違う世界が広がることだろう。

ファンとしてはそんな楽しみにもあるわけだが、矢沢永吉の曲は矢沢永吉しか歌いこなせないという思いがあるのかもしれない。

しかし、1975年ころにはまだその美学が完成していなかったのか、まだ若く断りきれないしがらみがあったのか、数としては少ないが他のアーティストに楽曲を提供している。

1975年と言えばCAROL解散して間もなく。

名義は五大洋行。

その頃に住んでいたのが洋光台だったからとか。

矢沢永吉らしい。

南沙織 アルバム人恋しくて収録

南沙織はCAROL全盛期に沖縄出身のアイドルとして活躍したアイドルである。

篠山紀信と1979年に結婚。

CAROLや矢沢永吉の写真撮影も行ったことでつながってはいる。

楽曲はそれぞれAmazonミュージック、レコチョクなどで聞くことができる。

人恋しくて

哀しみの家

作詞/石坂まさを 作曲/五大洋行 編曲/林哲司

シャワーの中で

作詞/石坂まさを 作曲/五大洋行 編曲/水谷公生

夢をかえして

作詞/石坂まさを 作曲/五大洋行 編曲/水谷公生

星正人

1975年代に青春映画、学園ドラマで活躍した星正人。

矢沢永吉との接点は特になく、プロモーターに懇願されて書いたとか。

CDにもなっておらず、現在音源を入手するにはレコードを購入するしかない。

YouTubeなどを漁れば出てくるには出てくるがいつ削除になるかわからないので貴重である。

星正人ガラスの青春

参照 http://tayune.com/?pid=486229

ガラスの青春

作詞/たかたかし 作曲/五大洋行 編曲/あかのたちお

グッドバイ・ベイビー

作詞/たかたかし 作曲/五大洋行 編曲/あかのたちお

COOLS 黒のロックンロール

舘ひろし率いるCOOLSのデビューアルバムの中に五大洋行作曲の楽曲が3曲収録されている。

アルバムはジョニー大倉がプロデュース、近田春夫がアレンジを担当。

CAROLの弟バンドらしく、CAROLイズムが堪能できる楽曲が楽しめる。

74年に原宿で結成されたバイクが大好きな男たちのバンド。舘ひろしが在籍していたことでも有名で、キャロルのコンサートなどでは親衛隊をやっていたそうだ。そんな彼等のファースト・アルバム。うまくまとまり切らない要素はあるが、その荒々しさがまた魅力。

メディア掲載レビューより。

アルバムはCD化されておりAmazonなどで購入可能である。

クールスの世界

紫のハイウェー

作詞/たちひろし 作曲/五大洋行 編曲/近田春夫

行ってしまったあの娘

作詞/たちひろし 作曲/五大洋行 編曲/近田春夫

セカンド・イズ・ユー

作詞/たちひろし 作曲/五大洋行 編曲/近田春夫

最初のコメントをしよう

必須