矢沢永吉の初仕事

初仕事が5年生の時だ。

近所に大きな屋敷があった。そこのお屋敷掃除みたいなことをやった。近所のガキ集めれば安くあがるってこともあったんだろうね、「ちょっとボクたち、集まってそうしする?」って言えば「

行く行く。一日いくら?」と。100円くれるらしい。それが初仕事だ。

成り上がりより

 

矢沢永吉が現れるまでは音楽家がお金にこだわるのはタブーと言われていた。

しかし、1,970年代、矢沢永吉はお金にこだわり、成り上がった。

芸能部門の所得番付1位にもなった。

それは矢沢永吉が少年時代、親をなくし、貧乏だったという背景がある。

 

最初のコメントをしよう

必須