暴力青春 キャロル 最後の言葉

暴力青春 キャロル 最後の言葉

1975年、一冊の本がこの世に解き放たれた。

暴力青春 キャロル最後の言葉だ。

暴力青春 キャロル 最後の言葉

1975年4月13日日比谷野外音楽堂のコンサートで解散。

その後に発売されたキャロルのメンバーの生々しい言葉を集めた本だ。

矢沢永吉は貧しかった生い立ちから横浜に出てきた物語を語っている。

ジョニー大倉は在日朝鮮人として生を受けた苦悩やドラッグの話。

他のメンバーもそれぞれにキャロルとの関わりを語っている矢沢永吉ファン、キャロルファン必読の一冊だ。

またドキュメンタリー「キャロル」のディレクター龍村仁の文章があるのも興味深い。

龍村仁はNHKのドキュメンタリー番組としてキャロルを追いかけ、しかしNHK側に放送がふさわしくないと却下され、NHKを離れたという人物だ。

ドキュメンタリーは当初ゴールデンタイムに放送される予定が深夜の時間を削った枠のみの放送。

映画「キャロル」はATG資本で完成する。

 

暴力青春 キャロル-最後の言葉は絶版。

当時発売された本は時々中古市場に出てくる。

相場は一冊5000円~だ。

オレたちの別れの言葉は

赤裸々な青春をさらけだした

この一冊の本だけだ。

これですべては終わりだけど

これからすべてが始まるさ。

オレたちの情念の暴走としたたかさを

いま、君に伝えたい。

表紙にある言葉だ。

矢沢永吉ファンならば必ず魂が揺さぶられるはずだ。

 

 

最初のコメントをしよう

必須